EJ Interview活用法 - @リスニング

 

1.まずは何も見ないで聴く

テキストを開かず、音声を再生します。

一度で内容があまり理解できないようなら、「なんとなく話している内容がわかる」まで数回聴きます。

聞き取れる単語やフレーズも増え、【意味のわからない単語】や【リエゾンで聞き取れないセンテンス】など

自分の学習ポイントがはっきりしてきます。

 

2.[語彙・表現]欄で単語・フレーズをチェックする

テキストを開き、インタビューページの下にあるグレーの[語彙・表現]の欄をチェックします。

音声を再生しながらでいいので、知らない単語やフレーズがあれば意味を確認します。

この段階ではまだ、インタビューのテキストは見ないように!!

この欄に載っていないが、意味がわからない、という単語はTOEIC600点以下のレベルの単語になると思います。

耳で聞き取れたままスペルアウトして、辞書で引いて意味を確認しましょう。

電子辞書なら、多少スペルに誤りがあっても、候補の単語を挙げてれます。

スペルも全くわからない、という単語は後のB内容理解の際に単語の意味を確認しましょう。

 

3.正誤問題を解く

[語彙・表現]で単語・フレーズをチェックしたら、もう一度インタビューを聴きます。

だいぶインタビュー内容がクリアに理解できるはずです。

各インタビューページの後にある『インタビューを聞いた後に』のページの

A.正誤判断問題 True/False Review を解きます。答えは次のページにあるので、必ず確認します。

間違った箇所は解説をよく読んで、わかるまでインタビューを再生して聴きます。

 

リスニングが終わったら、次はディクテーション(書き取り)です。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。