EJ Intewview活用法 - C音読

 

1.音声を聴いて、音読する

ここでもNHKの語学プレーヤーを使います。

『インタビューを聞いた後に』のページ D.音読  Recitation の箇所をプレーヤーで再生します。

英文を見ながらでかまいませんので、音声の後に声に出して読みます。

発音や音読のヒントは、次のページの『解答と解説』のページに書いてあるので

参考にして、できるだけ音声と同じように音読できるようにしましょう。

この段階ではまだ、スピードより、流暢さに専念して練習します。

最初は噛んだり、つっかえたりしますが、何度も何度も音読してスラスラ言えるようにします。

 

2.目標スピードで音読、オーバーラッピング

スラスラと音読できるようになったら、英文下にカッコで書いてある目標スピードを目指します。

ストップウォッチを使うほどでもないですから、時計の秒針を使うと良いと思います。

目標スピードで音読できるようになったら、インタビュー音声とオーバーラッピングします。

オーバーラッピングとは、音声と自分の声をぴったり重ねることです。

発音、ストレス、ポーズなど、全てインタビュー音声とぴったりになるように練習します。

NHKの語学プレーヤーで、対象センテンスの2〜4秒から再生すると、オーバーラッピングしやすいですよ。

慣れてきたら、テキストを見ないでも文章を音読できるようにしましょう。

短いセンテンスなので、20回も読んでたら覚えてしまうと思います^^

 

 

次は、インタビュー中で使われたフレーズを自分のものにするフレーズストックです!

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。